2005年06月08日

ジェフ・ラスキン氏を偲んで『ヒューメイン・インタフェース』

ジェフ・ラスキン氏はビッグマイナーな人だと思う。Macintoshプロジェクトの初期のリーダとして知られていても、実際に彼が何をなしたかほとんど知られてないと思うし、あの伝説のCATにしても写真しか見たことないし(笑)

そんな氏の著作
ヒューメイン・インタフェース―人に優しいシステムへの新たな指針』(ジェフ・ラスキン(著)・ピアソンエデュケーション)
帯には『ジェフ・ラスキンよ、安らかに』。ううむ、亡くなられたので増刷したのかな・・・

人に優しいユーザ・インタフェース(Humane Interface)について語った本だそうです。感想は読んでからまた。しかし、ラスキン氏というとSwyftWareだよなぁ・・・
posted by TOYO at 00:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。