2005年09月03日

ファイルシステムとデータベース

下の話しの続きですが、ファイルシステムにデータベースに機能を持たせるという試みは、かってBeOSがやっていたと記憶しています。ただ、その後のバージョンアップで普通のファイルシステムに移行してしまい、やはり色々難しい問題でもあるのかなぁ、と思っていました。

他にそのような試みは無いのかと、ちょっとネットを検索したらあるもんですね(笑)。
PSQLFS(PostgreSQL File System)と言うものが見つかりました。名前の通り、PostgreSQLをファイルシステムとして使おうというもので、Linuxで動くようです。
データベースをファイルシステムとしてマウントした後、ファイルを作成すればPostgreSQL上の特定のテーブルにデータが書き込まれ、通常のデータベースとして検索することも可能とか。なかなか面白そうですが、通常のファイルシステムと置き換えるものではないかな。

PSQLFS公式サイト: http://www.edlsystems.com/psqlfs/
posted by TOYO at 02:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。