2005年08月13日

coLinuxでFedora Core4を動かしてみる

仕事がらみですが、普段使っているWindowsと一緒にLinuxも使いたい、けれどもブートしなおすのは時間がかるし、Cygwinは微妙に違ってやりにくいし、エミュレータは速度がどうも、ということで、coLinuxに興味持ってました。ちょうど日経Linux誌の8月号に、Fedora Core4のcoLinux用インストーラがあったので、これを期に挑戦。

インストーラがあるから楽勝・・・な訳はなくて、やっぱりつまづく時はつまづく(笑)
インストールの実行中にリセットがかかってPCが再起動。後からネット調べたらcoLinux-0.6.2ではそういう事が結構あるそうなのだけど、文字通り後の祭り。中途半端にインストールが中断され、あれこれして、結局ディスク・ファイルの展開からやり直してなんとかコンソールが動いたと思ったら、今度はネットの設定がおかしくてCygwinのXが・・・

それでもなんとか、半日かかってGNOMEが動くまでになりました。仕事上はGUIの必要性はほとんど無いんだけど(笑)

coLinux
posted by TOYO at 01:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

Solarisするならパソコン持って秋葉原に集合!だそうです

Solaris 10は、ATOKStarSuiteが入って無料ダウンロード、なんですね。SUN頑張ってるなぁ。ちょっと魅力ではあります。
うちのPCで Solaris 10 動くのかなと思って日本のSUNのWebを見に行ったら、

Solaris 10 Install Festa in 秋葉原「パソコンを持って秋葉原に集合!」

だそうです。
ううむ、PCかかえて秋葉は辛いなぁ。もしやディスプレイも持っていくのかなぁ。
posted by TOYO at 01:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

Solaris がオープンソースに

ついにSolarisもオープンソースですね。パソコン育ちの私でもSolarisとかSUN-OSとかはなんか特別な感じがありましたが。
そういえばだいぶ昔、まだUnix系のソフトがソース配布が普通だった頃、私の友人で自分の環境でのコンパイルの面倒臭さに「一番makeが通りやすい環境は何だろう?」と言い出した事があり、その時たどりついた回答がSUN-OSでした。彼はたしか中古のSUNのマシンを買いました。今となっては懐かしい話しです。

米Sun,「Solaris 10」をオープンソースOS「OpenSolaris」として公開(ITPro)
posted by TOYO at 11:26| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

手っ取り早く MINIX を動かしてみる ― BOCHS ―

DOS窓で動くMINIXは実用的でないようなのでエミュレータを試してみる事にしました。MINIXの標準エミュレータ(?)はBochsのようなので、まずBochsのWebページを見に行ったら、なんとMNIX2.0.4のディスクイメージ一式がありました。これは手っ取り早い(笑)
Bochsはつい先日、2.2の正式版がリリースされたばかりの様子。MINIXのイメージは 2.1.1用となっているけど気にせず2.2でチャレンジ。なんか環境変数とか文句が出てるけど、それも強引に・・・動きました。
BochsのMINIX

手順 (Windowsにおけるメモ)
posted by TOYO at 00:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

手っ取り早く MINIX を動かしてみる − DOS窓 −

MINIXのサイトにDOS窓で動かすバージョンがあったので、とりあえず試してみました。
私の周りのPCでは、Windows XPで動いたのはバージョン2.0.2のみ。Win2000だと2.0.3もOK。2.0.4はどれでも駄目。
DOS窓のMINIX

ううむ、しかし使えたものではないです。キー入力がこぼれたかと思うと多重に入ったり・・・CPUを占有しようとするのかバックのソフトはガタガタだし・・・まぁ、experimentalって書いてあるし、こんなものかな。素直にエミュレータでも動かしたほうが良さそうです。

手順(メモ)
posted by TOYO at 01:29| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

MINIXに関するメモ

先日紹介した『ホゲゆに』読んでから、なんとなくMINIXが気になってちょっとだけ調べてみました。
PCでUnixと言ったら今はLinuxですが、昔はまずMINIXの名前が出たもんでしたよね。あの『MINIXを256倍使うための本』をひさびさに引っ張り出してみたら、Linuxもちょっと紹介されてましたけど普及はなかなか進まないのでは、など書かれてました。この本は1992年の出版ですね。

で、MINIXですが最新版は2003年11月にリリースされた2.0.4。但し、このバージョンは開発中のものですね。さすがに最近は動きがあまり見られない様子。2000年からBSDライセンス。

関連サイト:
公式サイト
Andrew S. Tanenbaum 先生のWebページ

ダウンロードFTP
各種バージョン有り。旧版(1.5)は Amiga や Mac用も。

Minix on the Resources
Minix 関係のリンク集

Minix-vmd
拡張版のMinix。『Minix-vmd = 32-bit Minix + virtual memory + X11』だそうです。
posted by TOYO at 01:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

Unix非実用本『ホゲゆに』

ホゲゆに』(中橋一郎 著・秀和システム)

マニアック、かつ面白く、そしてたぶんほとんどの人には非実用的な本です。
なにしろ、せっかくあるXを使わずコンソールで頑張る話とか、PDP-11UNIX V7を体験するとか、MINIXでカーネルハックとか、普通やらないです。

でも面白いです。

昔、アスキーが出してた256倍本をなんとなく思い出しました。

posted by TOYO at 01:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。