2006年05月10日

LEGO『Mindstorms NXT』のファーム、オープンソース化

Mindstormsは一世を風靡したレゴのロボットだけど、「Mindstorms NXT」ってのはこれ。なかなか格好良さそうで。

レゴ、「Mindstorms NXT」のファームフェアをオープンソース化 (CNET Japan)

まだ発売されてないけど。また流行るか?
posted by TOYO at 01:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

あれこれメモ

なにかと忙しくて、とりあえずGWに期待してメモを。

Earth上にバーチャル世界を築く! Googleが「SketchUp」を無料提供
(MYCOM PC WEB)

「Yahoo Go for TV」を公開--PCがHDDレコーダーに変身
CNET Japan

NASA製3D地球儀ソフト「NASA World Wind」が火星や金星、木星の3D表示にも対応
窓の杜

MSが「Visual Studio Express」を無期限フリー化
MYCOM PC WEB

サイバーリンク トランスデジタル、ワープロ感覚のブログ作成支援ソフト「マイ・ブログ」
BCNランキング

posted by TOYO at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

コンピュータ・ウィルス誕生20周年

別にめでたい話ではないが、「ウイルス出現から20年(IT Pro)」だそうで今年は20周年

イメージ1986年1月に登場したブート・セクタ型ウィルス Brain が第1号と言う事らしい。
もう少し前に日経サイエンス誌で記事を読んだ気もするが、あれは可能性を論じてただけだったか? 結構、仲間内で盛り上がった記憶があるが、もちろん今のような事態は想像できず。

posted by TOYO at 00:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

世の中、どんどん変わってくる

このようになってくるとアスペクトも違和感が無くなってくるような気もしないでもない・・・

Java 5でシームレスにアスペクトを実現 - AspectJ 5 公開

Java 5にて導入されたアノテーションを使ってアスペクトを記述できるようになったということ。前述の「アスペクト指向入門」の中でもすでに触れられてたが、それが正式にリリース。

もっとも、実はアノテーション自体、初めて聞いたときはだいぶ不思議な感じがしたものですが。
posted by TOYO at 00:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

アスペクト指向の本を読む

日頃仕事で使っているプログラミング言語はC言語C++Javaはいずれ必要になるだろうと齧ったけれども未だに使ったことはない(笑)。
今どきここまでオブジェクト指向と無縁な世界も珍しくなってきたかと思う今日この頃・・・それでもたまに日常と関係ない新しい技術の本が読みたくなったりして、本屋で目に付いて買ったのがこれ。

アスペクト指向入門 -Java ・ オブジェクト指向から AspectJプログラミングへアスペクト指向入門 -Java ・ オブジェクト指向から AspectJプログラミングへ
千葉 滋 (著)
技術評論社 ; ISBN: 4774125814 ; (2005/11/18)

最近、雑誌などでアスペクト指向という言葉が目に付いていたので読んでみました。良い本でした。書評はアマゾンに書いておいたので参照(笑)。


アスペクト指向自体については、デバッグやパッチ当てなどには便利そうだけど、オブジェクト指向と並ぶようなパラダイムかというとちょっとハテナ、というのが正直なところ。言語というよりツール寄りに見えてしまうのは私の理解度が足りないせいだと思うのだが・・・
オブジェクト指向におけるSmallTalkのような、この世は全てアスペクトで記述される、といった言語でも出てくれば納得しやすいのだろうけど。
posted by TOYO at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

Konfabulator が Yahoo! Widget Engine に

TRONSHOWの準備と展示(仕事)の追われ、泊り込みまでした日々も終り、家のPCを立ち上げるとKonfabulatorがバージョンアップしたという通知。
バージョンアップしたらYahoo! Widget Engineになってしまいました(笑)。

たしか夏くらいからそう告知されてたんでしたっけ。まぁ判り易い名前ではあります。ちょっとつまらないけど。
Yahoo!のサービスとの連携が強化されたのも良いと思いますが、米Yahoo!なのであまり使えないというのが難。
posted by TOYO at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

Konfabulator は流行ってんのかなぁ?

Yahoo!が買収して配布しているKonfabulatorは、昨日書いたGoogleデスクトップと似たようなポジションだと思うのですが、なんか地味なような。そもそも Yahoo!のトップページからたどり着く道がわからないし。あまり力入れてない?

でも、とりあえず時計や天気予報をデスクトップに飾るにはKonfabulatorの方が良い気がします(笑)
こんなすごい時計とかあるし(情報元:こんふぁぶログ
posted by TOYO at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

ファイルシステムとデータベース

下の話しの続きですが、ファイルシステムにデータベースに機能を持たせるという試みは、かってBeOSがやっていたと記憶しています。ただ、その後のバージョンアップで普通のファイルシステムに移行してしまい、やはり色々難しい問題でもあるのかなぁ、と思っていました。

他にそのような試みは無いのかと、ちょっとネットを検索したらあるもんですね(笑)。
PSQLFS(PostgreSQL File System)と言うものが見つかりました。名前の通り、PostgreSQLをファイルシステムとして使おうというもので、Linuxで動くようです。
データベースをファイルシステムとしてマウントした後、ファイルを作成すればPostgreSQL上の特定のテーブルにデータが書き込まれ、通常のデータベースとして検索することも可能とか。なかなか面白そうですが、通常のファイルシステムと置き換えるものではないかな。

PSQLFS公式サイト: http://www.edlsystems.com/psqlfs/
posted by TOYO at 02:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

Yahoo!がKonfabulatorを買収

Yahoo!がKonfabulatorを買収したそうです(情報元:こんふぁぶログ)。おまけにフリーで配布。

私自身は、デスクトップアクセサリーは、たまに目に付いたのがあるとしばらく使っている、程度の思い入れしかないのですが、Konfabulatorについては、JavaScriptXMLにより記述されたアプレットの実行環境と言う観点から興味を持ってます。マルチプラットフォームと、GUIとコードの分離という点、まぁ、どっちかと言うと仕事よりの興味なのですが(笑)

MacはOSをバージョンアップすれば(まだしてない(笑))Dashboardが使えるので、Windows版を使ってみたりしてましたが、環境自体が有料ってのはなぁ、と思っていましたので、とりあえず今回の話しは歓迎。
posted by TOYO at 01:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

BeOS の後継「ZETA」が発売

ついにと言うか、しぶといと言うか(笑)、BeOSの後継 ZETA が発売になったようです。

PCのOSの選択肢がWindowsとLinuxに集約されようとしている今、新しいOSの登場はそれだけで興味深いです。
昔、フリーだったBeOSは、当時のうちのPCだと画面がVGAになちゃって使えなかったような気がします(あまり良く覚えてない)が、今度は動くかなぁ。
15,800円かぁ・・・安くはないなぁ。それ以前にOSのインストールは面倒・・・

たしかに売っているようです。

Berry Japan
ピーシークラフト
セブンドリーム・ドットコム(ここはトップに出てないから見つけにくい)
posted by TOYO at 01:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

『Hacking:美しき策謀』読みました

かって、私の大学時代の先輩は「最高のゲームは、ゲームソフトのクラッキングだ」とのたまい、新しいゲームを手にするとまずコピープロテクトを嬉々として外してました。もちろん、コピーツールを使うのではなく、解析してプロテクト自体を外すのです(これをApple IIの世界では、COPYAでとれる様にする、と言います)。

この本読んで、そんな先輩の顔を久々に思い出しました。

『Hacking:美しき策謀―脆弱性攻撃の理論と実際』 オライリー・ジャパン
Hacking:美しき策謀―脆弱性攻撃の理論と実際

巷に溢れるハッキングやセキュリティの本は、ツールの使い方やサーバの設定に終始してたりするのが多いですが、この本はプログラミングの観点から、まさにハッキングの理論と実践が書かれています。例えば、バッファオーバーフローなんて理屈は誰でも知っていても、実際にプログラムを書いて実験してみるというのはそうそう無いと思います。おまけにシェルコードの作り方まで載ってます。でも全篇に流れるのは悪ではなく愛です、コンピュータへの(いや、ほんと)
posted by TOYO at 01:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

ジェフ・ラスキン著『ヒューメイン・インタフェース』読書中

ジェフ・ラスキン氏「ヒューメイン・インタフェース」やっと半分読み終え後半に。内容は全部読んでから論じようと思うけど、正直少々辛い。少し他の本読んで休もうかなぁ。

ちょうどラスキン氏お得意のLEAPの話しを読んだところ。ようは、文字列のインクリメントサーチなんですよね。20年前のApple IIの頃なら、ディスクも140KBそこそこな訳でそれでも良かったと思うのですが、今の大容量記録装置やネットワークを相手にそれは無いだろうと・・・。その辺りの解を本書に期待したのですが、20年前のままじゃん!
本書の中ではこの件は、大容量記録装置やネットワークでも技術的には高速検索が可能、で片付けられているんだけど、そういう問題ではないでしょ!巨大なデータをたった一つの文字列で検索することがいかに効率悪いかは Google で簡単に実験できるだろうに。

さて、残り半分で果たして評価は変わるかどうか・・・


posted by TOYO at 11:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

ジェフ・ラスキン氏を偲んで『ヒューメイン・インタフェース』

ジェフ・ラスキン氏はビッグマイナーな人だと思う。Macintoshプロジェクトの初期のリーダとして知られていても、実際に彼が何をなしたかほとんど知られてないと思うし、あの伝説のCATにしても写真しか見たことないし(笑)

そんな氏の著作
ヒューメイン・インタフェース―人に優しいシステムへの新たな指針』(ジェフ・ラスキン(著)・ピアソンエデュケーション)
帯には『ジェフ・ラスキンよ、安らかに』。ううむ、亡くなられたので増刷したのかな・・・

人に優しいユーザ・インタフェース(Humane Interface)について語った本だそうです。感想は読んでからまた。しかし、ラスキン氏というとSwyftWareだよなぁ・・・
posted by TOYO at 00:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。